プラチナだけじゃない?
今人気のいろいろ素材の結婚指輪

プラチナに似たパラジウム。

結婚指輪の素材はプラチナが主流とされていますが、ほかにもいろいろと人気の素材があります。 その中でも、プラチナに似たパラジウムのリングは、購入しやすい低価格である上にプラチナよりも軽いので付けやすいと評判です。 パラジウムとは白金族元素のひとつであり、希少金属です。歯科治療で合金としても使用されていますが、最近ではジュエリーに多く取り入れられるようになりました。 普段あまりアクセサリーを付けない人は指輪もしないものでしょう。けれどもそのような人も、結婚指輪はひとつの夫婦の証としてはめることになります。そうした指輪慣れしていない人でも、パラジウムであれば金の約3分の2の比重であり、違和感なくはめることができるでしょう。

金属アレルギーの人も安心のチタン。

結婚指輪をはめたいけれども、金属アレルギーで悩んでいるという人もいるでしょう。そんな人におすすめの素材が、チタンです。チタンとは金属光沢と持つ元素で、チタニウムと呼ばれることもあります。 この素材は金属アレルギーを起こしにくいとして人気があり、アトピーやデリケートな肌の人も安心して付けることができるのです。 また非常に軽く、まるで指輪をはめていないような錯覚に陥るほどなので付けやすいというメリットもあります。 酸化しにくく強度、耐熱性にも優れており、結婚指輪にもおすすめの素材なのです。 またチタンと似ている素材でもう少しカラーバリエーションの多いものに、ジルコニウムという素材もあります。 こうした素材であれば、金属アレルギーの悩む人でも素敵なリングをはめることができますね。