メンズも大満足!
二人で選ぶ結婚指輪人気モデル特集

カルティエのLoveウェディングリング

カルティエは女性なら誰もが憧れる伝統の高級ブランドでありながら、都会的先進的なラインも手がけており、男性にも人気のブランドです。中でも1970年代にアメリカのニューヨークでうまれたLOVEウェディングリングは、個性的でかつ男性が日常的に身につけても、さりげなくお洒落です。4センチ前後の太さは男性の指にはめても十分な重厚さがあり、フォルムは丸みというよりは平面的です。愛をビス止めしたデザインが洗練されています。 カルティエは、しかし一流の品質と職人技が自慢のブランドでもあります。もっとシンプルに伝統デザインを選ぶのもおススメです。プラチナのウェディングリングは価格も10万円台からとお手頃で、丸みをおびていて表面に装飾はなくシンプルですがラインが美しく、裏面にはカルティエの刻印が入っています。更に記念日などを入れてもらえば、オリジナル感も生まれます。

オレッキオのサファリ

オレッキオは、エメラルドカットという四角形のカットのダイヤで有名なイタリアブランドです。シャープで都会的な印象のこのブランドには、いくつかのラインがあり、その表情は多様ですが、ウェディングリングで一番人気なのが、サファリです。オレッキオらしい、四角のフォルムがここでも利いています。細見でありながら、カットを多面的に施して、エッジの効いた都会的な重厚感も醸し出しています。素材はプラチナの他、金もあります。表面はシャープに見えて、指をはめる部分は滑らかな円形なので長時間つけていても違和感がありません。 オレッキオのラインで、同様に男性の支持率が高いのがタイムです。シンプルなストレートラインながら、ななめに入った中央のくぼみとブラックダイヤのアクセントが特に恰好いいと好評化です。オレッキオは、男性のデザインと女性のデザインが、同じ原型ながら装飾性の部分などで違いを持たせており、男性が男性らしく、女性が女性らしく輝ける様になっています。